極小輪ビオラ フルーレット ”オーロラトワイライト”

2022v-at

 

原産地・生育地 千葉県 園芸分類 1年草
草丈 20〜25cm 株張り 30〜40cm
花径 2cm 冬株の状態 常緑
商品説明(特性) 花色表現が困難な色彩。画像の通りです。

黄色に淡いブルー系の色彩が花周囲で黄色と入り交じりアンティーク調の色彩となります。

性質はとても丈夫でフルーレットの特徴である秋~晩春までの連続開花、ボール状の草姿は健在で花弁の凍害もありません。

花型はセミラビットとなります。目立たない花色ですが寄せ植え素材としてはプロが探し求めていた色彩と思います。

この品種は以前はアンティークカラーアソートでしたが、この秋からは単品で出荷します。

色彩の安定度は多少の濃淡はありますが、ほぼ画像通りの品種が生産出来るようになりました。

固定種ですので苗は写真とは微妙に異なるものが含まれます。

生育条件 用途:地植え・鉢・コンテナ・切り花・押し花
陽当たり:陽が十分に当たること
耐寒性:地面の凍結、風雪に耐える
耐暑性:弱 水条件 土壌酸度:中性
栽培管理 地植え適所:陽当りの良い場所 地植え土質:水はけのよい場所 鉢植え用土:慣行の培土
鉢サイズ:7〜8号鉢 潅水:乾燥前・朝方
病害虫対策:ヨトウムシ、アブラムシ等に注意
栽培のポイント 苗は9cmポットで提供致します。

鉢サイズは5号鉢~スタートして株の成長に応じて徐々にサイズアップして下さい。

その際は必ず元肥料を適宜与えて下さい。根詰まりをすると生長が鈍化します。

健全に成長している極小輪ビオラフルーレットシリーズは咲きガラ摘み等の手間は必要ありません。

窒素肥料を控えめにして下さい。

花が終了後の花摘みをしてください。種子が実りますので摘み取った方が、株が丈夫に育ちます。

一般のパンジービオラと栽培は同様です。

極小輪ビオラ フルーレット ”バイオレットラビットフェアリー”

2022v-vr

 

原産地・生育地 千葉県 園芸分類 1年草
草丈 20〜25cm 株張り 30〜40cm
花径 2cm 冬株の状態 常緑
商品説明(特性) 花色表現が困難な色彩。画像の通りです。

黄色に淡いブルー系の色彩が花周囲で黄色と入り交じりアンティーク調の色彩となります。

性質はとても丈夫でフルーレットの特徴である秋~晩春までの連続開花、ボール状の草姿は健在で花弁の凍害もありません。

花型はセミラビットとなります。目立たない花色ですが寄せ植え素材としてはプロが探し求めていた色彩と思います。

この品種は以前はアンティークカラーアソートでしたが、この秋からは単品で出荷します。

色彩の安定度は多少の濃淡はありますが、ほぼ画像通りの品種が生産出来るようになりました。

固定種ですので苗は写真とは微妙に異なるものが含まれます。

生育条件 用途:地植え・鉢・コンテナ・切り花・押し花
陽当たり:陽が十分に当たること
耐寒性:地面の凍結、風雪に耐える
耐暑性:弱 水条件 土壌酸度:中性
栽培管理 地植え適所:陽当りの良い場所 地植え土質:水はけのよい場所 鉢植え用土:慣行の培土
鉢サイズ:7〜8号鉢 潅水:乾燥前・朝方
病害虫対策:ヨトウムシ、アブラムシ等に注意
栽培のポイント 苗は9cmポットで提供致します。

鉢サイズは5号鉢~スタートして株の成長に応じて徐々にサイズアップして下さい。

その際は必ず元肥料を適宜与えて下さい。根詰まりをすると生長が鈍化します。

健全に成長している極小輪ビオラフルーレットシリーズは咲きガラ摘み等の手間は必要ありません。

窒素肥料を控えめにして下さい。

花が終了後の花摘みをしてください。種子が実りますので摘み取った方が、株が丈夫に育ちます。

一般のパンジービオラと栽培は同様です。

極小輪ビオラ ”子にゃんこビオラ”

2021v-kn

 

原産地・生育地 千葉県 園芸分類 1年草
草丈 約15〜20cm 株張り 約20cm
花径 約1cm 冬株の状態 常緑
商品説明(特性) 花色の模様が、子猫のあどけない顔をしたキュートなビオラです。

花の大きさは約 1cm で、生育はやや遅く通常のビオラより小ぶりな品種です。

花色はYTTタイプで白っぽい子猫の顔~徐々にピンクへと変化して行きます。エクボや耳の柄が可愛らしく猫好きにはたまらない、あまりの可愛らしさに心を奪われてしまうと思います。

この品種は固定していないために生産現場でも子猫の顔の出現率がとても不安定です。

開花検定後に白い生産鉢(3.5号)にサイズアップして株の生長を確認度に出荷となります。

現状では生産は不安定ですので、出荷日の特定は困難となりますがご了解下さい。

園芸愛好家の皆様へは是非”子にゃんこ”を育てて頂きたくて育種途中ではありますが企画を組ませて頂きました。

固定種ですので苗は写真とは微妙に異なるものが含まれます。

生育条件 用途:地植え・鉢・コンテナ・切り花・押し花
陽当たり:陽が十分に当たること
耐寒性:地面の凍結、風雪に耐える
耐暑性:弱 水条件 土壌酸度:中性
栽培管理 地植え適所:陽当りの良い場所 地植え土質:水はけのよい場所 鉢植え用土:慣行の培土
鉢サイズ:7〜8号鉢 潅水:乾燥前・朝方
病害虫対策:ヨトウムシ、アブラムシ等に注意
栽培のポイント 日当りが良く、排水のよい場所を好みます。

生長がはやいので、鉢栽培の時は、根ずまりをさせないように注意して、適宜に鉢をサイズアップすると1株が8号鉢に咲き乱れる様に育ちます。

肥料は元肥に緩効性を入れ、栽培中に肥料切れをおこさないように注意をして下さい。

花が終了後の花摘みをしてください。種子が実りますので摘み取った方が、株が丈夫に育ちます。

一般のパンジービオラと栽培は同様です。

極小輪ビオラ フルーレット ”アンティークバイカラー”

2021vf-abc

 

原産地・生育地 千葉県 園芸分類 1年草
草丈 20〜25cm 株張り 30〜40cm
花径 2cm 冬株の状態 常緑
商品説明(特性) 花色表現が困難な色彩。画像の通りです。

黄色に淡いブルー系の色彩が花周囲で黄色と入り交じりアンティーク調の色彩となります。

性質はとても丈夫でフルーレットの特徴である秋~晩春までの連続開花、ボール状の草姿は健在で花弁の凍害もありません。

花型はセミラビットとなります。目立たない花色ですが寄せ植え素材としてはプロが探し求めていた色彩と思います。

この品種は以前はアンティークカラーアソートでしたが、この秋からは単品で出荷します。

色彩の安定度は多少の濃淡はありますが、ほぼ画像通りの品種が生産出来るようになりました。

固定種ですので苗は写真とは微妙に異なるものが含まれます。

生育条件 用途:地植え・鉢・コンテナ・切り花・押し花
陽当たり:陽が十分に当たること
耐寒性:地面の凍結、風雪に耐える
耐暑性:弱 水条件 土壌酸度:中性
栽培管理 地植え適所:陽当りの良い場所 地植え土質:水はけのよい場所 鉢植え用土:慣行の培土
鉢サイズ:7〜8号鉢 潅水:乾燥前・朝方
病害虫対策:ヨトウムシ、アブラムシ等に注意
栽培のポイント 苗は9cmポットで提供致します。

鉢サイズは5号鉢~スタートして株の成長に応じて徐々にサイズアップして下さい。

その際は必ず元肥料を適宜与えて下さい。根詰まりをすると生長が鈍化します。

健全に成長している極小輪ビオラフルーレットシリーズは咲きガラ摘み等の手間は必要ありません。

窒素肥料を控えめにして下さい。

花が終了後の花摘みをしてください。種子が実りますので摘み取った方が、株が丈夫に育ちます。

一般のパンジービオラと栽培は同様です。

極小輪ビオラ フルーレット ”シルキーピンク”

2021vf-sp

 

原産地・生育地 千葉県 園芸分類 1年草
草丈 20〜25cm 株張り 30〜40cm
花径 2cm 冬株の状態 常緑
商品説明(特性) 花色は混じりけのない”ピュアーピンク”です。

下弁中心部に小さな黄色が入り、アクセントとなっています。

花径は約2.5cmで他のフルーレットシリーズよりは大きくなります。

淡いピンクに黄色のブロッチと花の大きさが、存在感を感じさせるとても上品な印象の品種です。

極小輪多花性は健在で、他のフルーレットシリーズ同様に秋~晩春まで連続開花します。

花色の印象から厳寒期の寒さに弱いように思われがちですが、花弁はしっかりして、凍害を受けることも有りません。

草姿はフルーレットシリーズの特徴である、ボール状を継承しています。開花中乱れることなく開花しながら大きく育ちます。

固定種ですので苗は写真とは微妙に異なるものが含まれます。

生育条件 用途:地植え・鉢・コンテナ・切り花・押し花
陽当たり:陽が十分に当たること
耐寒性:地面の凍結、風雪に耐える
耐暑性:弱 水条件 土壌酸度:中性
栽培管理 地植え適所:陽当りの良い場所 地植え土質:水はけのよい場所 鉢植え用土:慣行の培土
鉢サイズ:7〜8号鉢 潅水:乾燥前・朝方
病害虫対策:ヨトウムシ、アブラムシ等に注意
栽培のポイント 苗は9cmポットで提供致します。

鉢サイズは5号鉢~スタートして株の成長に応じて徐々にサイズアップして下さい。

その際は必ず元肥料を適宜与えて下さい。

根詰まりをすると生長が鈍化します。

健全に成長している極小輪ビオラフルーレットシリーズは咲きガラ摘み等の手間は必要ありません。

窒素肥料を控えめにして下さい。

花が終了後の花摘みをしてください。種子が実りますので摘み取った方が、株が丈夫に育ちます。

一般のパンジービオラと栽培は同様です。

 

極小輪ビオラ フルーレット ”インディゴブルーラビット”

2021vf-ibr

 

 

原産地・生育地 千葉県 園芸分類 1年草
草丈 20〜25cm 株張り 30〜40cm
花径 2cm 冬株の状態 常緑
商品説明(特性) 花色:白地に上唇弁ワンポイントインディゴブルー/花唇弁のイエローがとてもチャーミングな花です。

ブルーの部分には刷毛で書いた様な刷毛目が現れるのが印象的です。 これまでなかったユニークな花色です。

しかも、整ったラビット型の花。個体よってブルー帯の出現面積が異なりますが、いずれも似た花色になります。

草姿は他のフルーレットより多少伸びる傾向がありますが、ボール状に育ちます。

花は他のフルーレットシリーズ同様に秋~晩春まで連続開花をします。花の凍害もありません。

固定種ですので苗は写真とは微妙に異なるものが含まれます。

生育条件 用途:地植え・鉢・コンテナ・切り花・押し花
陽当たり:陽が十分に当たること
耐寒性:地面の凍結、風雪に耐える
耐暑性:弱 水条件 土壌酸度:中性
栽培管理 地植え適所:陽当りの良い場所 地植え土質:水はけのよい場所 鉢植え用土:慣行の培土
鉢サイズ:5〜8号鉢 潅水:乾燥前・朝方
病害虫対策:ヨトウムシ、アブラムシ等に注意
栽培のポイント 苗は9cmポットで提供致します。

鉢サイズは5号鉢からスタートして株の成長に応じて徐々に8号鉢へとサイズアップして下さい。根詰まりをすると生長が鈍化します。

植え替えの際は必ず元肥料を適宜与えて下さい。

健全に成長している極小輪ビオラフルーレットシリーズは、咲き花ガラ摘み等の手間は必要ありません。

窒素肥料は控えめにして下さい。

花が終了後の花摘みをしてください。

咲き終わった花は摘んでください。蒴果ができますので摘み取った方が、株が丈夫に育ちます。

一般のパンジービオラと栽培は同様です。

 

極小輪ビオラ フルーレット ”ビビットピンク”

2021vf-vp

 

 

原産地・生育地 千葉県 園芸分類 1年草
草丈 20〜25cm 株張り 30〜40cm
花径 2cm 冬株の状態 常緑
商品説明(特性) 花径2cmの極小輪多花性品種です。

上弁はクリアーな濃桃(ローズ)で下弁はネオンカラーの赤紫~オレンジがかったトワイライト。

夜明けの一瞬を感じさせるグラデーションが2cmの無数の花びらで表現しています。

従来のビオラには無かった新花色をお楽しみ下さい。

草姿は定評のあるフルーレットシリーズ系統ですので、最後までボール状の形状を保ち、株のスタミナもあります。

秋~翌晩春まで連続開花します。極小輪の世界をご堪能下さい。

固定種ですので苗は写真とは微妙に異なるものが含まれます。

生育条件 用途:地植え・鉢・コンテナ・切り花・押し花
陽当たり:陽が十分に当たること
耐寒性:地面の凍結、風雪に耐える
耐暑性:弱 水条件 土壌酸度:中性
栽培管理 地植え適所:陽当りの良い場所 地植え土質:水はけのよい場所 鉢植え用土:慣行の培土
鉢サイズ:7〜8号鉢 潅水:乾燥前・朝方
病害虫対策:ヨトウムシ、アブラムシ等に注意
栽培のポイント 苗は9cmポットで提供致します。

鉢サイズは5号鉢~スタートして株の成長に応じて徐々にサイズアップして下さい。

その際は必ず元肥料を適宜与えて下さい。根詰まりをすると生長が鈍化します。

健全に成長している極小輪ビオラフルーレットシリーズは咲きガラ摘み等の手間は必要ありません。

窒素肥料を控えめにして下さい。

花が終了後の花摘みをしてください。

種子が実りますので摘み取った方が、株が丈夫に育ちます。

一般のパンジービオラと栽培は同様です。

 

極小輪ビオラ フルーレット ”オーロラブルー”

2021vf-ab

 

原産地・生育地 千葉県 園芸分類 1年草
草丈 20〜25cm 株張り 30〜40cm
花径 2cm 冬株の状態 常緑
商品説明(特性) 花色は黄色の花弁に上弁はグラデーションブルー。

花弁外側へ向かって濃くなります。

他のフルーレットシリーズ同様に草姿はボール状に育ち秋~晩春まで連続開花をします。

耐病性・耐寒生にとても強く、淡いブルー系にありがちな、花弁が凍結に弱いことはありません。

安心して育てられます。

固定種ですので苗は写真とは微妙に異なるものが含まれます。

生育条件 用途:地植え・鉢・コンテナ・切り花・押し花
陽当たり:陽が十分に当たること
耐寒性:地面の凍結、風雪に耐える
耐暑性:弱 水条件 土壌酸度:中性
栽培管理 地植え適所:陽当りの良い場所 地植え土質:水はけのよい場所 鉢植え用土:慣行の培土
鉢サイズ:約8号(6号~8号と段階を経て) 潅水:乾燥前・朝方
病害虫対策:ヨトウムシ、アブラムシ等に注意
栽培のポイント 日当りが良く、排水のよい場所を好みます。

生長がはやいので、鉢栽培の時は、根ずまりをさせないように注意して、適宜に鉢をサイズアップすると1株が8号鉢に咲き乱れる様に育ちます。

肥料は元肥に緩効性を入れ、栽培中に肥料切れをおこさないように注意をして下さい。

花が終了後の花摘みをしてください。種子が実りますので摘み取った方が、株が丈夫に育ちます。
一般のパンジービオラと栽培は同様です。

極小輪ビオラ フルーレット ”ワンダーランド ブルーラビット”

2021vf-wbr

 

 

原産地・生育地 千葉県 園芸分類 1年草
草丈 20〜25cm 株張り 30〜40cm
花径 2cm 冬株の状態 常緑
商品説明(特性) 花色は白とブルーがとても清楚で精悍な印象の極小輪ラビット品種です。

他のフルーレットシリーズ同様に草姿はボール状に育ち秋~晩春まで連続開花をします。

YTTタイプで白っぽく咲き始めで徐々にブルーが強くなります。

株によって花色の濃淡差が出現しますが、全てYTTタイプとして咲き進みます。

固定種ですので苗は写真とは微妙に異なるものが含まれます。

生育条件 用途:地植え・鉢・コンテナ・切り花・押し花
陽当たり:陽が十分に当たること
耐寒性:地面の凍結、風雪に耐える
耐暑性:弱 水条件 土壌酸度:中性
栽培管理 地植え適所:陽当りの良い場所 地植え土質:水はけのよい場所 鉢植え用土:慣行の培土
鉢サイズ:5~8号鉢 潅水:乾燥前・朝方
病害虫対策:ヨトウムシ、アブラムシ等に注意
栽培のポイント 陽当りが良く、排水の良い場所を好みます。

生長が早いので、鉢栽培の時は、根詰まりをさせないように注意して、適宜に鉢をサイズアップすると1株が8号鉢に咲き乱れる様に育ちます。

肥料は元肥に緩効性肥料を入れ、栽培中に肥料切れをおこさないように注意をして下さい。

咲き終わった花は摘んでください。蒴果ができますので摘み取った方が、株が丈夫に育ちます。

極小輪ビオラ フルーレット ”ワンダーランド ピンクドリーム”

2021vf-wpr

 

原産地・生育地 千葉県 園芸分類 1年草
草丈 20〜25cm 株張り 30〜40cm
花径 2cm 冬株の状態 常緑
商品説明(特性) 花色は白とピンクーがとても清楚で精悍な印象の極小輪ラビット品種です。

他のフルーレットシリーズ同様に草姿はボール状に育ち秋~晩春まで連続開花をします。

YTTタイプで白っぽく咲き始めで徐々にブルーが強くなります。

株によって花色の濃淡の差は出現しますが、全てYTTタイプそとして先進みます。

ワンダーランドブルーラビットと兄弟品種です。

個体差があり花色の濃淡があります。

固定種ですので苗は写真とは微妙に異なるものが含まれます。

生育条件 用途:地植え・鉢・コンテナ・切り花・押し花
陽当たり:陽が十分に当たること
耐寒性:地面の凍結、風雪に耐える
耐暑性:弱 水条件 土壌酸度:中性
栽培管理 地植え適所:陽当りの良い場所 地植え土質:水はけのよい場所 鉢植え用土:慣行の培土
鉢サイズ:7〜8号鉢 潅水:乾燥前・朝方
病害虫対策:ヨトウムシ、アブラムシ等に注意
栽培のポイント 日当りが良く、排水のよい場所を好みます。

生長がはやいので、鉢栽培の時は、根ずまりをさせないように注意して、適宜に鉢をサイズアップすると1株が8号鉢に咲き乱れる様に育ちます。

肥料は元肥に緩効性を入れ、栽培中に肥料切れをおこさないように注意をして下さい。

花が終了後の花摘みをしてください。種子が実りますので摘み取った方が、株が丈夫に育ちます。

一般のパンジービオラと栽培は同様です。